読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの人生経験

アンケートで聞いたみんなの人生経験を公開しています。

娘の授業参観

現在、私は、43歳です。
栃木県にある主人の実家に住んでいます。
8歳になる小学校2年生の娘と5歳になる幼稚園年中の息子を子育て中の主婦です。

先週の水曜日、娘の授業参観がありました。
車が混んでいて、私は、2分ほど遅刻してしまったのですが、娘のクラスは、AKB48の「365日カミヒコーキ」を皆で熱唱していました。
その後、各グループに分かれて、それぞれ得意な物を発表しました。
娘のグループは、なわとびグループでした。
娘を含め、6人の女の子たちが、二重跳びやあや跳びを披露していました。
なわとびのグループに入るとは、娘はたいしたものだと、私は感心しました。
その後、一輪車のグループとかけ算九九のグループ・絵を描いたグループが、順番に発表しました。
それから、クラス全員で、かけ算九九・音読・長縄とびを発表しました。
最後に、担任の先生が、瓦わりをお披露目をしました。
先生は、瓦を割る前に、「はぁー」と気合を入れていました。
そして、先生が瓦をわった瞬間、クラス全員が驚きと喜びで拍手しました。
興味深そうに見ていた保護者の人たちも、同時に拍手しました。

私は、国語や算数の授業よりも、このように運動や音楽系の授業参観の方が、やっぱり楽しいと思いました。
また、娘の成長ぶりに感動しました。

広告を非表示にする